犬好き、愛犬家へのプレゼント選び:究極のギフトガイド - うちの子グッズ Qoo

犬好き、愛犬家へのプレゼント選び:究極のギフトガイド


親しい友人であれば、その友人の犬と交流する場面があったり、
プレゼントを渡したいと思うこともあるのではないでしょうか。

プレゼントをもらった友人や愛犬家仲間さんにとっては家族ぐるみの
付き合いのようなイメージが沸き、うれしい交流となることでしょう。

そのためには、下記のようないくつかのポイントをおさえて
喜んでもらえるプレゼント選びをすることが大切です。

 

もお伝えしていきますので、ぜひ最後までお読みください♪

犬用プレゼントのための事前リサーチ


犬用のプレゼントを選ぶ際に、飼い主が犬の好みや個性を理解することは犬の幸せな生活を叶えるためにとても重要です。
以下に、その理由と飼い主へ事前にリサーチするべきポイントをいくつか挙げてみましょう。
  1. 健康状態や年齢:
    犬の健康状態や年齢によって必要なケアや好みが異なります。例えば、高齢犬は特定の食事やおもちゃが限られる場合があります。また、健康な若い犬はより活発な遊びが好きかもしれません。

  2. サイズの種類:
    サイズが小さいと誤飲する恐れがあるため、適したサイズ選びが重要となります。サイズが合っているか、最初は一人遊びさせずに観察してあげましょう。犬の口よりも2倍以上大きいサイズのおもちゃが適正の目安となります。小型犬・中型犬・大型犬それぞれを目安にサイズ表記されたおもちゃも販売されています。
    噛み続けて小さくなるもの
    、いずれは擦り切れてしまう素材など、犬がくわえるおもちゃは消耗品となりますので、買い替えることも必要です。

  3. 嗜好:
    犬は個体によって好みが異なります。例えば、一部の犬はボール遊びが好きで、他の犬は噛むことが好きかもしれませんし、散歩がたくさん必要な犬種もいます。狩猟犬種は嗅覚が発達しているため、嗅覚を刺激するおもちゃが喜ばれることがあります。
    また、ある犬は特定の食べ物が好きで、他の犬はおやつが好きかもしれません。飼い主が犬の好みを知っていれば、より喜ばれるプレゼントが選びやすくなります。

  4. トレーニングや習慣:
    犬のトレーニングや習慣も考慮する必要があります。
    例えば、しつけられた賢い犬は、知的好奇心の刺激を求めることがあり、知育玩具が喜ばれるかもしれません。
    逆に、未訓練の犬は丈夫で安全なおもちゃで自由に遊ぶことが必要な場合があります。

  5. 健康上の制限:
    犬が特定の食べ物や材料に対してアレルギーがある場合、それを考慮する必要があります。また、歯の健康状態によっても適したおもちゃやおやつに留意しなければなりません。

事前のリサーチを行うことで、飼い主は犬が本当に喜ぶプレゼントを選びやすくなります。
犬の健康と幸福を考えつつ、楽しさや安全性も重視することが大切です。

犬が喜ぶアイテムの選び方

犬が喜ぶアイテムを選ぶ際には、遊び心を刺激し、同時に犬の安全性と快適性を考慮することが重要です。
以下に、そのためのアドバイスをいくつか挙げていきます。

遊び心を刺激する犬用トイの選び方

  1. 用途に合ったおもちゃ:
    犬の遊ぶという行為には、運動不足を解消したり、子犬期の歯茎のかゆみを抑える、
    コミュニケーションやストレス発散といった目的がきちんとあります。
    そして併せてデンタルケアができるおもちゃ等、犬専用の商品には工夫が施されています。

    ◎骨の形をしたおもちゃ:気に入れば夢中になって噛み続けるので、室内などの1人遊びに向いています。飼い主の手が離せずをしてほしいときにも活躍します。
    ◎コットン・麻などを編んだもの:歯磨きが苦手な犬・遊ぶ時間にデンタルケアも一緒に行いたい場合にぴったりです。
    網目に噛んだ歯が入ることでブラッシング効果を発揮し、歯石蓄積の抑制が期待できます。
    ロープ型:飼い主と引っ張り合ったり、コミュニケーションを図るのに適したおもちゃです。
    ◎ドーナツ・ボール型:飼い主が投げて犬がキャッチする遊びでコミュニケーションをとれます。室内・屋外どちらでも楽しめます。
     ● 室内で使用したい:コットン素材で飼い主と遊びながらデンタルケアがおすすめ。
     ● 屋外で使用したい:おすすめはラバー素材。持ち歩きやすい軽量素材であり、強く噛んでも壊れにくく、丸洗いして清潔に使えます。

  2. 嗅覚や味覚を刺激するおもちゃ:
    犬は嗅覚が発達しているため、嗅覚を活かしたおもちゃも試してみると良いでしょう。例えば、チキン・ビーフ・ベーコンなどフレーバー付きの骨型おもちゃなど、好きな食べ物の香りを選べたり、トリーツが詰められるおもちゃなどがあります。

    嗅覚を使っておやつを探し出すノーズワーク向けの布製のおもちゃは、布を噛むクセがない子でしたら破損するリスクも少ないので留守番にもオススメです。

  3. 音の出るおもちゃ:
    一部の犬は音に敏感であり、音の出るおもちゃが好きなことがあります。
    しかし、飼い主が犬のストレスレベルや好みをよく知っておく必要がありますので、在宅や車で音楽をかけられる際にはどんな音が気に入っているのか、キゲンが良くなるのか気にかけてみてください。

  4. 知育玩具:
    しつけられた賢い犬や知的好奇心旺盛な犬には、知育玩具が喜ばれることも多いです。
    おもちゃの中に隠れたトリーツを取り出すためのパズル型のおもちゃや、訓練に使えるおもちゃがあります。

    おやつ内蔵型の知育タイプは、留守番中にも飽きずに使えるおもちゃとなりやすいです。

犬の安全と快適性を考慮したアイテム

  1. 丈夫で安全な素材: 犬は噛んだり引っ張ったりすることが好きですので、おもちゃは丈夫で安全な素材で作られていることが重要です。有害な材料が使われていないか確認しましょう。
    食べても問題ない、とうもろこしなどを主原料とした商品もあります。ただし、とうもろこしは食物アレルギーの原因になるため、アレルギーがある犬には安易に与えないよう注意してください。

  2. サイズや硬さの適正: 小さすぎるおもちゃは誤飲の危険があり、大きすぎるおもちゃは犬が遊びにくく興味から外れる可能性があります。おもちゃのサイズも重要ですが、柔らかい素材のぬいぐるみやラバー(ゴム)素材は、噛む力の弱い子犬・小型犬・老犬におすすめです。木やトウモロコシ素材のかたいものだと健康な成犬以外は歯が欠ける心配があります。

    犬の噛む力やものを壊す力は想像以上に強いので、布製のぬいぐるみですとほんの数秒で壊すことも容易い場合があります。海外では頑丈な消防車の給水ホースのリサイクルペット製品があるほどですので、興味のある方は海外製品もリサーチしてみると参考になりますよ。

    フレンチブルドッグなどの口角が横に広がっている骨格の犬については、ボールやぬいぐるみを丸飲みしてしまう事案、大型犬の例では骨型のおもちゃを縦向きの状態で丸飲みしてしまう等の事故が起こっています。おもちゃは犬の口から左右に2~3cmはみ出す程度の十分な大きさのあるものを選ぶことが大切です

  3. 易消化なおやつ: おもちゃにトリーツを詰める場合、犬が安全に食べられる易消化なおやつを選ぶことが大切です。ひとりで食べても安全な、大きすぎたり硬すぎたりしないものを選びましょう。

  4. 安全なデザイン: 尖った部分や小さな部品がないか、また、破損した場合には犬がケガをしないようなデザインかどうかを確認すると良いです。同じおもちゃでも大型犬、小型犬にとっては危険度が変わってくる場合がありますので、その子の習性や体格など総合的に判断していきましょう。
    金属・プラスチックの装飾は誤飲するとお腹にとどまる危険性があるので避けたほうがいいでしょう。

そして全犬種におすすめの素材はラバー(ゴム)製となります。サイズさえ間違えなければ誤飲の心配はなく、
壊れたおもちゃの破片を飲み込んだり、愛犬の口内を傷つけたりするリスクを軽減します。
コング(KONG)」などの中におやつを詰めるタイプの製品は完食するまでに15分程度はかかるので早食い防止になりますし、
ゴム製おもちゃは不規則な動きではずむよう設計されているものが主流なので瞬時に対応しながら遊ぶことで飽きずに遊べるトイです。
サイズのみ、これに限らず要チェックですが、屋外・室内問わず使用できる点もメリットです。

犬のいる家庭でNGなプレゼント


ここからは、これはタブーだといわれるアイテムを紹介していきます。

犬の個性や好みを理解した上で、安全かつ楽しいおもちゃを選ぶことができれば、犬は満足し、飼い主も安心して遊ばせることができます。

犬に危険なアイテムを避けるための例や注意点をチェックしてみましょう。

犬がいる家庭へのプレゼント選びの注意点

  1. 小さな部品や飲み込み可能なアイテム: 犬はおもちゃを噛んだり食べたりすることが好きですが、小さな部品や飲み込み可能なアイテムは誤飲の危険があります。特に、目の周りに付いている小さな飾りやボタンが簡単に取れるおもちゃは避けた方が良いでしょう。

  2. 硬すぎるおもちゃ: 適切な硬さのおもちゃを選ぶことが大切です。硬すぎるおもちゃは老犬や子犬など弱い犬には歯の負担が大きすぎる可能性があり、歯を損傷したりうまく遊べず犬が飽きてしまうことがあります。
    犬は噛む力が強いため、人間用のおもちゃ・ほかの動物のおもちゃは耐久性が足りずすぐに破損するので、犬専用のおもちゃを選びましょう。

  3. 有害な材料: 犬は舐めたり噛んだりすることが多いため、有害な材料が使われているおもちゃやプレゼントは避けましょう。特に、染料や化学物質が含まれている可能性があるものには注意が必要ですので、必ず犬専用のおもちゃを与えてください。

  4. 強いにおいを放つもの: 犬に与えるプレゼントでなくとも、犬のいる家庭に対してプレゼントを贈るのであれば、アロマや製油などは避けるべきでしょう。最近では犬用のアロマも行われるようになってきたようですが、犬に対する精油の効果や安全性について、はっきりとした研究データや治験データがなく、賛否両論ある状況です。犬の嗅覚力は人間の3千倍から1万倍もあり、犬には危険な植物も多くあります。そして人間用のアロマだと香りが強すぎる可能性もあるため、意図せずに健康被害を及ぼしてしまう危険があります。

  5. 人間の食べ物、植物: 人間の食べ物を与える際にも慎重になりましょう。一部の食品は犬にとって有害であり、例えばチョコレートやアルコールはもちろんのこと、たまねぎや球根タイプのお花など絶対にあげてはいけない、生死に関わる毒性をもつものもあります。

危険なアイテムの具体例

  1. 小さな玩具やチョーカー: 小さな玩具やチョーカーは誤飲や絡まりの危険があるため、避けましょう。

  2. 割れやすいプラスチック製品: 犬が噛んで破損しやすい柔らかいプラスチック製品は、飲み込む危険があります。

  3. 有害な化学物質が使われている製品: ペット用品やおもちゃには、有害な染料や化学物質が含まれている場合があるため、材料に注意が必要です。

  4. 小さな電池を使用したおもちゃ: 小さな電池を含むおもちゃは破損すると電池が飛び出す可能性があり、これを誤って噛むと胃に滞留し潰瘍の原因となり危険です。

犬の安全性と快適性を最優先に考え、選んだプレゼントが犬にとって安全で楽しいものであるか確認することが大切です。

最適なプレゼント選びのための総合ガイド:まとめ

犬用のおすすめプレゼント一覧:

  1. 丈夫で安全なおもちゃ: 犬が噛んで遊ぶのが好きなので、丈夫で安全なおもちゃがおすすめです。特に、耐久性があり、飲み込みにくいおもちゃが良いでしょう。

  2. 快適なベッド: 犬は寝ることが大好きなので、快適なベッドは喜ばれるプレゼントです。犬のサイズや寝る姿勢に合ったベッドを選ぶと良いでしょう。

  3. 美味しいおやつ: 犬が好むおやつを選ぶと、喜びます。特に、栄養価の高いものや犬に安全な材料で作られたおやつが良いでしょう。

  4. 訓練や運動に使えるアイテム: 訓練用のおもちゃや、散歩や運動に使えるアイテムも犬にとって喜ばしいプレゼントです。例えば、リードやフリスビーなどが考えられます。

飼い主のためのカスタマイズされた犬のグッズ:

  1. ペットポートレート: 犬の写真を元にしたカスタムポートレートは、飼い主にとって特別なプレゼントになります。以下に当店のアートポスター商品もご紹介しますので是非ご覧ください。
    https://uchinoko-goods.jp/collections/nigaoe-goods/products/artposter-frame

  2. 犬の名前や特徴が入ったアクセサリー: 飼い主が愛する犬の名前や特徴が入ったアクセサリー、例えばペットネームネックレスやブレスレットなどが素敵なプレゼントになります。

  3. ペット関連の本や雑誌: 飼い主が犬に関する知識やエンターテインメントを楽しむための本や雑誌はムック本などグッズの付録つきなどもあり、喜ばれるでしょう。

  4. 犬の足跡や写真がプリントされたアイテム: 犬の足跡や写真が入ったカスタマイズされたアイテム、例えばタオルやマグカップなどが飼い主にとって愛着深いプレゼントとなります。

ギフト選択の最終アドバイス

  1. 個性を考慮: 飼い主や犬の個性に合ったプレゼントを選びましょう。趣味や好みに合ったアイテムは特に喜ばれます。

  2. 健康と安全を優先: 犬用のプレゼントを選ぶ際には、健康と安全性を最優先に考えましょう。安全で無害な素材や食品を選ぶことが大切です。

  3. 感謝の気持ちを込めて: プレゼントは感謝の気持ちを表す手段でもあります。相手の喜びそうなものや、思いやりのあるプレゼントを心がけましょう。

  4. 包装とメッセージ: プレゼントの包装や添えるメッセージにも気を使いましょう。美しい包装と心温まるメッセージは、プレゼントをより特別なものとして演出してくれます。

以上のガイドラインを参考に、犬と飼い主の両方が喜ぶ素敵なプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。
心から喜ばれるプレゼントは、深い絆を育むきっかけとなればうれしいです。

世界に1人だけの「うちの子」はグッズも世界に一つだけ!


スマホのカメラの普及によって、大切なペットの写真を
印刷する機会が減ってしまっていませんか?

大好きな存在の写真を部屋に飾るというのは、
改めてしてみるととても心癒されることです。

ペット好きな友人や恋人、家族への特別な贈り物にもおすすめです。